総合研究所:都市減災センター研究報告書「災害時におけるペット共棲住環境のQOL改善を目的とした建築技術・システムに関する基礎的検討」の調査報告文中における、誤認記載の修正について

表4「ペット共棲仮設住宅のタイポロジー」,パターン5「概要」において、『所定期間内に飼い主が生じない場合は殺処分』と記載しておりりますが、この点、事実と異なっておりましたので、修正をいたします。(5月28日配布の報告書には、修正前のものが載っております)
被災地各自治体において、保護した被災動物の殺処分は一切行われておりません事、環境庁のH23年3月23日付けで確認の報告がされております。

参考:
福島県動物救護本部の HPのトップページ、及び環境省HP。 http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm http://www.env.go.jp/jishin/pet.htm

(公社)日本愛玩動物協会 理事、特定非営利活動法人 アナイス理事長の平井潤子様からも、「新潟中越大震災、 三宅島噴火災害、新潟中越沖地震、東日本大震災東京都動物救援本部でも 被災動物の殺処分は一切行っておりません」と、過去の震災時でのご対応についても、ご指摘をいただいております。